WOMEN'S SPRING & SUMMER 2018 FASHION AS MUSIC | From the Fashion Office | WOMEN'S | BARNEYS NEW YORK

年末年始営業時間についてのお知らせ

新宿店:12/21(土)~12/29(日)・1/2(木)~1/4(土)は20:30まで営業。
横浜店:12/26(木)・12/28(土)は20:30まで営業。
銀座店:12/21(土)~12/30(月)・1/2(木)~1/4(土)は20:30まで営業。

*12/31(火)は全店通常営業(11:00~20:00)。
*新年1/1(水・祝)は全店休業。
BARNEYS NEW YORK logo
ホーム / WOMEN'S / WOMEN'S SPRING & SUMMER 2018 FASHION AS MUSIC

WOMEN'S
SPRING & SUMMER 2018
FASHION AS MUSIC

WOMEN'S SPRING & SUMMER 2018 FASHION AS MUSIC

「"ファッション"と"スタイル"は違う。"ファッション"には新しさが必ずあること。"スタイル"は変わらなくてもいい。そして"ファッション"と"スタイル"の両方をもっている人が"シック"な人」と、デザイナー フィリップ・リム氏は言いました。まさにバーニーズ ニューヨークは、最新のモードから今の気分を表現したNEW FOR SEASON="ファッション"と、長く愛していきたいスタンダードアイテム="スタイル"を兼ね備え、"シック"を体現したスペシャリティストアです。世界の動きを独自の視点でキャッチし、大人の女性の日常を輝かせ、女性であることを謳歌できるコレクションが揃う2018年春夏シーズンのキーワードをファッションディレクターの鈴木春がご紹介いたします。

人の心を揺さぶり、高揚させ、癒してくれる"音楽"という存在。今シーズンのテーマ"FASHION AS MUSIC"は、メロディ・リリック・ビート・リズムなど複数の要素が感情のひだに染み込んでいくように、ファッションも目で見て、身にまとうことで音楽と同じくらいエモーショナルな部分に訴えかけるものであって欲しい、という想いが込められています。さらに、衣食住というインフラとしての機能を追求する流れから、より人の内面にフォーカスがシフトし始めている今シーズン。音楽が時に社会的なメッセージを発信するパワフルなツールであるように、ファッションの作り手たちにとって「自分たちが今、何を考えているのか」を宣言する手段として、ロゴやレタードのディテールなどに代表されるトレンドが形成され、「誰からどう見られたいか」という動機から「自分の考えや立ち位置を表現する」時代への変化が感じられるシーズンです。

FOR ALL THE WOMEN

女性の力に注目が集まる時代。女性の活躍こそが、人類全体の平等を実現する鍵であると言われ、2018年春夏シーズンのファッションにはデザイナーたちのメッセージが強く込められています。光が当てられているのは、他人が評価する"女性らしさ"ではなく、自らが女性であることを楽しむ"女性ならでは"のファッション。デコルテ・ウエストマーク・肩や腰まわり、足元など、女性特有のシルエットや曲線を生かすこと。そしてカラー・プリント・刺繍・ファーなど、女性にしか着こなすことのできない要素がトレンドとなり、年齢や体型・人種・住んでいる場所・職業にかかわらず、どんな女性にも似合い、心地よく着られる"すべての女性のための"ファッションを謳歌できるシーズンです。また昨年に引続き3月8日の国際女性デーにも賛同、このタイミングでドレスを中心とするアイテムを取り揃えてご紹介します。

MERLETTE

CHRISTY DAWN

COLOR

旬のカラーはウェアからシューズ、バッグまで共通してピンク・レッドが中心。さらにイエロー・ブルー・グリーン・メタリックシルバーなど、絵の具の箱を開けたときの楽しさを連想させるカラフルなヴィヴィッドカラーがレインボーのように登場します。シーズン後半に登場するトランスペアレントやヌードカラーも今年らしく新鮮です。

WAIST-MARK SILHUETTE

シーズンを象徴するのはウエストマークのシルエット。付属としてベルトやリボンがついているスカートやトップスなど、わざわざベルトを用意しなくてもウエストマークできるアイテムが多いのが今シーズンの特徴です。スカートはラップ・プリーツ・ティアード・アシンメトリーなど変化に富み、肩まわりもパフスリーブ・ワンショルダーなど女性ならではの印象的なディテールが登場します。

KOCHÉ

TRANSPARENT

ウェアは素肌感覚を表現したベージュなどのヌードカラーと、チュール・オーガンジーなど透け感のある軽やかな素材がトレンド。シューズやバッグも透明のPVC素材で表現したアイテムが多く登場し、クリアな素材を重ねた間にフラワーモチーフをはさんだものや、スタッズやフリンジをあしらったものまで多彩です。バッグは春夏シーズンらしいフィッシュネット素材やメッシュなども充実。

CECILIE BAHNSEN

JEWELRY

ジュエリーのテーマは"PLAYFUL"。カラフルな色づかい、さまざまな素材や形、新しいアイテムが揃う遊び心のあるラインナップです。トレンドのキーワードは4つ。1つ目は"ポップカラー"。春夏シーズンらしいカラフルなジュエリーが充実です。2つ目は"オーガニック"。天然石や天然素材、ナチュラルなフォルムは引続きトレンドです。3つ目は"ジオメトリック"。4つ目が"ヘアアクセサリー"。NY・カリフォルニア・ドイツからヘアアクセサリーの新着ブランドが登場します。また、インパクトのある大ぶりのピアスも今シーズンのキーアイテムです。

CVC STONES

* * *

※掲載画像はイメージです。一部お取扱いのないアイテムもございますので予めご了承ください。

鈴木春

STAFF'S PROFILE

ファッションディレクター

鈴木春

幼少よりインドで育つ。コミュニケーションの大切さを感じ、小売業への興味を抱き、1989年のバーニーズ ジャパン立ち上げ期よりプロジェクトに参加。ウィメンズアクセサリーバイヤーを経て、現在はウィメンズのバイヤーへのバイイングイメージや、新規リソースを開拓するファッションディレクターとして日々世界を奔走する。趣味は読書と海、プール。