MY IT COAT: NAOKO OKUSA | From the Fashion Office | WOMEN'S | BARNEYS NEW YORK

年末年始営業時間についてのお知らせ

新宿店:12/21(土)~12/29(日)・1/2(木)~1/4(土)は20:30まで営業。
横浜店:12/26(木)・12/28(土)は20:30まで営業。
銀座店:12/21(土)~12/30(月)・1/2(木)~1/4(土)は20:30まで営業。

*12/31(火)は全店通常営業(11:00~20:00)。
*新年1/1(水・祝)は全店休業。
BARNEYS NEW YORK logo
ホーム / WOMEN'S / MY IT COAT: NAOKO OKUSA

MY IT COAT: NAOKO OKUSA

mv

秋深まる日々、この時期のファッションでそろそろ意識し始めるアイテムがコート。さまざまなブランドから多彩な新作がラインナップするだけに、何を選んでいいのか迷っている人も多いはず。トレンドは?色は?形は?素材は?おなじみの人気スタイリストでウェブマガジン「mi-mollet」編集長の大草直子氏より「スタイル」をキーワードに、お気に入りのコートを選ぶポイントを教えていただきました。

sub

今シーズンのテーマを決めたら
コートは真っ先に入手する!

ずらりと並んだ新作の中から大草さんが迷わず手にしたのは、定番アイテムのダッフルコート。<バーニーズ ニューヨーク>のオリジナルです。素材はカシミヤをブレンドしたソフトなウールメルトン。羽織ると女性らしい丸みを帯びたシルエットになるのが特徴です。
「私の今シーズンのテーマは“バック・トゥ・クラシック”。青春時代に楽しんだアメカジスタイルを今の私らしく着こなしたいと思って決めました。このダッフルコートはまさに理想の一着。ディテールが凝っているので子どもっぽい印象にならず、むしろ洗練された大人の雰囲気を演出してくれます。裏地のない仕上がりで軽くて着心地がいいのもポイントが高い。秋口から活躍しそうですし、冬本番になったら薄手のダウンを下に合わせても。肩の切り替えがない袖つけなので薄手のダウンはもちろんオーバーサイズのニットも難なく合わせられるはず。着まわしが効くデザインですね。実際着ると本当にそのよさがわかる。丸いポケットや高めの位置にマークしたトグルも上品でいい感じ。いいな、コレ欲しい。買います!(笑)」
毎シーズン、なりたい自分を思い浮かべながらテーマを決めることが、おしゃれになる秘訣だと大草さんは語ります。
「トレンドやディテールから入ってしまう人が多いですが、その逆。大きく決めてから細かく詰めていくことが大切です。テーマがあると自分が欲しいアイテムやデザインが自ずとわかってくるんですよね。プラス秋冬シーズンの場合は、テーマが決まったらコートをどのアイテムよりも真っ先に選んでください。ワードローブの中で一番数が少ないのがコートのはず。でもその割には一着の登場回数が多いですよね。だからこそコートを主役にコーディネートを考えたほうが必要なトップスやボトムが見えてきて、無駄のない賢い買物ができると思います。何より、テーマがあるからおしゃれの完成度が高く、スタイルのある魅力的な女性に見えるはず。ぜひ参考にしてもらってお気に入りの一着を見つけてください」

MY IT COAT: DUFFLE COAT

01

大草さんの今シーズンのテーマ、“バック・トゥ・クラシック”をもとに選んだ<バーニーズ ニューヨーク>のダッフルコート。デザイン性のあるトグル、サイドのフォルムが美しいフードも見逃せないポイント。モーブ色のパンツとフォレストグリーンのショルダーバッグを合わせ、絶妙なカラーセンスが光る大人のトラッドスタイルをご提案いただきました。

大草直子

PROFILE スタイリスト・『mi-mollet』編集長 大草直子

大学卒業後、現・ハースト婦人画報社へ入社。雑誌の編集に携わった後、独立しファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。近著『大草直子の「これいいっ!」』ほか、インスタグラム(@naokookusa)も人気。現在はWEB マガジン「mi-mollet(ミモレ)」 http://mi-mollet.com/  の編集長。私生活では3児の母。

STORE LOCATION
SHOP ONLINE STORE