ARTISTS for BARNEYS COLLECTION "RISING STAR" #1 | From the Fashion Office | WOMEN'S | BARNEYS NEW YORK

年末年始営業時間についてのお知らせ

新宿店:12/21(土)~12/29(日)・1/2(木)~1/4(土)は20:30まで営業。
横浜店:12/26(木)・12/28(土)は20:30まで営業。
銀座店:12/21(土)~12/30(月)・1/2(木)~1/4(土)は20:30まで営業。

*12/31(火)は全店通常営業(11:00~20:00)。
*新年1/1(水・祝)は全店休業。
BARNEYS NEW YORK logo
ホーム / WOMEN'S / ARTISTS for BARNEYS COLLECTION "RISING STAR" #1

ARTISTS for BARNEYS COLLECTION
"RISING STAR" #1

バーニーズ ニューヨークがアーティストの方々とコラボレートし、今までにないオリジナルコレクションをお届けするプロジェクト「ARTISTS for BARNEYS COLLECTION」がスタートします。記念すべき第1回のプロジェクトに参加するのは、今もっとも注目されている気鋭のブランド<タロウ ホリウチ>と<アカネ ウツノミヤ>。バーニーズ ニューヨークの日本上陸25周年を記念したスペシャルな企画の一つとして始まるこのプロジェクトを、ファッションディレクターの鈴木がご紹介します。

 今回のプロジェクトに参加してくれた<タロウ ホリウチ>のデザイナー堀内太郎さんも、<アカネ ウツノミヤ>のデザイナー蓮井茜さんも、<アカネ ウツノミヤ>のデザイナー、蓮井茜さんも、ファッションの世界で期待を浴びる実力派デザイナー。特にパターンテクニックの秀逸さは、ファッションの名門校で学び、キャリアを積んできた正統派のデザイナーならではと言えます。各ブランド6アイテム、計12アイテムのコレクションが登場します。
 <タロウ ホリウチ>が発表しているコレクションは、ファッションをアートと捉えた世界観のあるデザイン、美しいパターン、選び抜いた素材、大胆な色使いが特徴的。デザイン性の高さにプラスして、今の女性にフィットする軽やかさや着心地のよさ、コーディネートのしやすさも兼ね備えています。
 ボリュームのあるアイテムを美しいシルエットで表現する彼のテクニックに惹かれ、今回オーダーしたのがケープとワイドパンツです。ケープはプレーンで上質なブランケットのように見えながら、美しく着こなせるように肩を作り、動きやすさを意識して腕が出るように仕上げたコートのような作り。合わせるのは、スポーティーなプルオーバーをヘアリーな素材で仕上げたこの秋冬シーズンに活躍間違いなしのトップスに、ウーリィなワイドフレアパンツ。テクスチャーの異なる素材で変化をつけたオールホワイトの装いは、上質で個性的な素材を贅沢に使った<タロウ ホリウチ>らしいラグジュアリーな雰囲気をお楽しみいただけます。

(左)堀内太郎氏のスケッチ (右)<バーニーズ ニューヨーク> ケープ / トップス / パンツ

 もう一つのコーディネートは、ストレッチの効いた素材のジャケット×ワイドパンツのセットアップ。ジャケットは高い位置で切替え、2015年秋冬シーズンのキーワードであるフレア感を取り入れた新鮮なシルエット。ジャケットとパンツの裾にフリンジをあしらったエッジィなディテールもポイントです。セットアップに合わせるシャツは、装いの主役にもなる立体的なデザイン。両脇にスリットを入れて後ろを長くしたり、袖をさりげないパフスリーブにしたりと細部にひねりを効かせています。デニムや旬のワイドパンツなどに合わせてさらりと着るだけでスタイルが完成するのも魅力で、先ほどご紹介したケープも、定番のトレンチコートやデニムに合わせれば旬の装いが実現します。

<バーニーズ ニューヨーク> ジャケット / シャツ / パンツ

このような、<バーニーズ ニューヨーク>のオリジナルコレクションならではのスーパースタンダードな要素をデザイナーのクリエイティビティにミックスしているのも今回のコレクションの見どころです。

 次回は<アカネ ウツノミヤ>とコラボレートした6アイテムについてご紹介したいと思います。

ARTISTS for BARNEYS COLLECTION "RISING STAR" #2はこちらからご覧ください>>>

鈴木春

STAFF'S PROFILE

ファッションディレクター

鈴木春

幼少よりインドで育つ。コミュニケーションの大切さを感じ、小売業への興味を抱き、1989年のバーニーズ ジャパン立ち上げ期よりプロジェクトに参加。ウィメンズアクセサリーバイヤーを経て、現在はウィメンズのバイヤーへのバイイングイメージや、新規ソースを開拓するファッションディレクターとして日々世界を奔走する。趣味は読書と海、プール。