WINDOW DISPLAY: WE RECOMMEND: VACANZA & WHITE ITEMS | Window Display | PERSONALITIES | BARNEYS NEW YORK

年末年始営業時間についてのお知らせ

新宿店:12/21(土)~12/29(日)・1/2(木)~1/4(土)は20:30まで営業。
横浜店:12/26(木)・12/28(土)は20:30まで営業。
銀座店:12/21(土)~12/30(月)・1/2(木)~1/4(土)は20:30まで営業。

*12/31(火)は全店通常営業(11:00~20:00)。
*新年1/1(水・祝)は全店休業。
BARNEYS NEW YORK logo
ホーム / PERSONALITIES / WINDOW DISPLAY: WE RECOMMEND: VACANZA & WHITE ITEMS
WINDOW DISPLAY: WE RECOMMEND: VACANZA & WHITE ITEMS

WINDOW DISPLAY: WE RECOMMEND: VACANZA & WHITE ITEMS

力強い日射しが降り注ぐ日も増え、夏の到来が待ち遠しい季節です。今回は夏の装いにふさわしい清涼感のある素材とクリーンなカラーをテーマにしたウィンドウをクリエイティブディレクターの谷口がご紹介します。

 まずは、バーニーズ ニューヨークだけのオリジナル素材"ヴァカンツァ"をフィーチャーしたウィンドウ。イタリア ビエラ地区の名門生地メーカー、レダ社がバーニーズ ニューヨークのためだけに作った、清涼感抜群の着心地が楽しめる"ヴァカンツァ"のコレクションをウィンドウディスプレイで初めてご紹介します。今回のウィンドウは、生地の魅力を伝えるために読み物的な作りに。中央にレダ社と"ヴァカンツァ"のロゴ、そして"ヴァカンツァ"という機能素材の詳細な説明を大きく貼り付けた、お客様に読んでいただくウィンドウです。"ヴァカンツァ"のもう一つの魅力は<ボリオリ><ベルベスト><ラトッレ><ベルウィッチ>といった人気のイタリアブランドからバーニーズ ニューヨークのオリジナルレーベルまで多彩なブランドが同じ素材を使用しているというスペシャル感。ブランドで表現した夏のビジネススタイルを、整然と並ぶマネキンに着せて見せ、その説明を添えた、ミュージアムのようなウィンドウです。

 次は"タイムレスホワイト"というテーマで、バッグとシューズを中心に、夏らしいホワイトのアイテムを集めたウィンドウです。ホワイトのアイテムと大きなホワイトのオブジェで真っ白な世界を作りました。チューブ状のウレタン素材を束ねて、波打つような動きをつけたアブストラクトなオブジェは、工業製品をまったく別の用途に使っています。私は日頃から目にする工業製品を、機能とは別の"デザイン"という視点で見ていることが多いです。ネジひとつをとっても、デザインされていないものはありません。工業製品は機能的であると同時にそれぞれが追求されたデザインをもっています。もう一つ、このウィンドウでこだわったのが照明です。最新のLED照明を使い、ホワイトの世界を際立たせる真っ白で強い光を演出しました。使用した最新式のLEDの光源は一見照明には見えないような、小さな板状の物体なのですが、一つで約4,000ルーメンという、60ワット相当の裸電球およそ5個分の明るさを白い光で照らすことのできる特別なもの。白い世界に強い光を照らすことで生まれる影もオブジェの一部として取り入れました。米国はライティングエフェクトの技術がとても進んでいて、光をさまざまに操るライティングデザインの分野も盛んです。日本のバーニーズ ニューヨークでも、米国のライティングデザイン会社のスタッフをニューヨークから呼び寄せて、店舗の照明デザインをお願いしています。照明を巧みに使い分けることのできる彼らの手にかかると、フロアも一気に高級感のある独特の雰囲気を醸し出すことができます。お店に足をお運びの際は、ぜひ隅々までこだわりを行き渡らせたフロアの照明にも注目してみてください。

* * *

STAFF'S PROFILE

クリエイティブディレクター

谷口勝彦

1990年バーニーズ ジャパン入社。米国バーニーズ ニューヨークにてサイモン・ドゥーナン(現クリエイティブ・アンバサダー・アット・ラージ)に師事。現在は、日本のバーニーズ ニューヨークのウィンドウからフロアディスプレイ全般、店舗デザイン、広告ヴィジュアルなどのストアイメージに関わるすべてを統轄している。

▶SHOP BELVEST, BOGLIOLI, LATORRE, BERWICH, FONTANA, BARNEYS NEW YORK, ROBERT CLEGERIE, and ALEXANDER WANG.