WINDOW DISPLAY: SUMMER 2016 DESIGNER COLLECTIONS | Window Display | PERSONALITIES | BARNEYS NEW YORK

年末年始営業時間についてのお知らせ

新宿店:12/21(土)~12/29(日)・1/2(木)~1/4(土)は20:30まで営業。
横浜店:12/26(木)・12/28(土)は20:30まで営業。
銀座店:12/21(土)~12/30(月)・1/2(木)~1/4(土)は20:30まで営業。

*12/31(火)は全店通常営業(11:00~20:00)。
*新年1/1(水・祝)は全店休業。
BARNEYS NEW YORK logo
ホーム / PERSONALITIES / WINDOW DISPLAY: SUMMER 2016 DESIGNER COLLECTIONS

WINDOW DISPLAY:
SUMMER 2016 DESIGNER COLLECTIONS

初夏の訪れとともに、バーニーズ ニューヨークの各店にも新作コレクションが続々到着しています。なかでも今シーズンを象徴するデザイナーの世界観を表現した3種類のウィンドウディスプレイを、すべてのデザインを手がけたクリエイティブディレクターの谷口がご紹介します。

はじめにご紹介するのは、銀座本店・新宿店・神戸店・福岡店でスタートしているメンズの<ランバン>をフィーチャーしたウィンドウディスプレイ。今回のコレクションは、ビッグシルエットのジャケットや深いUネックのTシャツなどが登場し、レトロなサイズ感やディテールが印象的でした。このイメージと今シーズンのヴィジュアルキャンペーンから着想を得て、ウィンドウを演出しています。マネキンの後ろには、蛍光灯10台分もの明るさの強烈なライトを3台設置。180×80×20センチメートルの巨大なライトボックスを、斜めに角度をつけて宙に吊っています。バックの照明が非常に強いため、逆光でアイテムが黒く見えないように配慮しました。ライトボックス自体にも錆びた白亜鉛メッキのようなエイジング加工をほどこしています。
さらに<ランバン>のウィメンズコレクションのウィンドウディスプレイも銀座本店でスタートしていますのであわせてご覧ください。

新宿店・横浜店で展開しているのは、昨年に続き話題のブランド<マルケス アルメイダ>のウィンドウ。さまざまな加工がほどこされたデニムという素材にさらなるひねりやアイディアを加え、世界中のジャーナリストやバイヤー、顧客に高く評価されている、デザイナーペアが手がけるブランドです。今回は、ブランドが得意とする切りっ放しのディテールにフォーカスし、絵画のような作品を制作しました。さまざまな幅のヒモ状にしたデニムでラッフルを作り、ホワイトとブルーをランダムに並べてマルチボーダーを表現。デニム地の端をすべて手作業でフリンジにしたのですが、裂いて横糸を抜くのには大変な手間と時間がかかりました。

銀座本店のウィンドウを飾るのは、米国のバーニーズ ニューヨークでもクローズアップしている<フーシャン ツァン>。英国セントマーチンズ出身の中国人デザイナーによる上質なドレスは、優雅で洗練されたデザインが特徴です。今回は、昨年NYのメトロポリタン美術館で開催された「鏡越しに見た中国展」の記事からアイディアが浮かびました。マネキンを囲むように竹林をイメージしたオブジェを4〜5箇所に設置。建築資材であるウレタンフォームの丸棒を竹に見立て、キャスター付きのベースから天井までそびえ立たせてモダンなオブジェにしました。

デザイナーの意図やクリエイションに敬意を払って作りあげるバーニーズ ニューヨークのウィンドウディスプレイ。この他にも<マノロ ブラニク>をはじめすみずみまで意匠を凝らしたこだわりのウィンドウが登場していますので、ぜひ店頭でお楽しみください。

* * *

STAFF'S PROFILE

クリエイティブディレクター

谷口勝彦

1990年バーニーズ ジャパン入社。米国バーニーズ ニューヨークにてサイモン・ドゥーナン(現クリエイティブ・アンバサダー・アット・ラージ)に師事。現在は、日本のバーニーズ ニューヨークのウィンドウからフロアディスプレイ全般、店舗デザイン、広告ヴィジュアルなどのストアイメージに関わるすべてを統轄している。