WINDOW DISPLAY: BARNEYS NEW YORK SPECIAL PROJECT | BARNEYS NEW YORK

年末年始営業時間についてのお知らせ

新宿店:12/21(土)~12/29(日)・1/2(木)~1/4(土)は20:30まで営業。
横浜店:12/26(木)・12/28(土)は20:30まで営業。
銀座店:12/21(土)~12/30(月)・1/2(木)~1/4(土)は20:30まで営業。

*12/31(火)は全店通常営業(11:00~20:00)。
*新年1/1(水・祝)は全店休業。
BARNEYS NEW YORK logo
ホーム / PERSONALITIES / WINDOW DISPLAY: BARNEYS NEW YORK SPECIAL PROJECT

WINDOW DISPLAY:
BARNEYS NEW YORK SPECIAL PROJECT

BARNEYS NEW YORK SPECIAL PROJECT

北イタリアの老舗生地ファクトリー レダ社の生地を用い、<カモ>のステファノ・ウゲッティ氏にデザインを依頼した<バーニーズ ニューヨーク>オリジナルのメンズコレクションをフィーチャーしたウィンドウディスプレイが銀座本店に登場。ウィンドウのデザインを手がけたクリエイティブディレクターの谷口勝彦と、コレクションローンチイベントのために来日したレダ社のCEOエルコレ・ボット・ポアーラ氏がウィンドウディスプレイに込めた思いを語りました。

谷口 名門生地メーカーであるレダ社は150年を超える歴史を誇り、バーニーズ ニューヨークとも長年信頼関係を築いてきました。歴史がありながらサスティナブルな意識が高く、機能性生地の開発などモダンなアプローチでも高く評価されています。そこで今回のウィンドウは、バーニーズ ニューヨークのテイストの根底にも流れている「クラシック&モダン」をテーマに構成しました。
ポアーラ ウィンドウディスプレイは、最高品質のファブリックとともにレダ社の特性を伝えるために不可欠な場所。前回バーニーズ ニューヨークでウィンドウディスプレイを実施していただいた際も、レダ社の高品質であり高機能なファブリックをきちんと表現していただいていましたので、今回も安心してお任せしました。

BARNEYS NEW YORK SPECIAL PROJECT

谷口 55インチのモニターをウィンドウ内に設置して、レダ社の理念や羊毛からウール地になるまでの工程をご紹介するムービーを流しています。道行く方へも音が聴こえるようにガラスにスピーカーもセット。モニターの周囲は、レダ社に現存する100年程前の顧客台帳の写真で覆いクラシックな要素を表現しています。
ポアーラ ムービーに組み込まれているのは、新たなお客様を引き付けるために直接的かつ重要な要素です。レダ社は羊毛に強いコミットメントを持っており、最高品質のファブリックには最高品質の羊毛開発が不可欠であると考えています。そのためニュージーランドで自ら牧場を経営し、羊毛だけでなく羊の飼料作りも含めて取り組んでいます。同時に、私たちは人・動物・製品、そして環境への敬意を強く持ち、持続可能な社会、いわゆる「サスティナビリティ」に貢献することを目指しています。

谷口 向かって左側には今回のコレクションのアイテムをディスプレイ。リラックス感のあるジャケット・シャツ・パンツなどモダンなトレンドアイテムを展示することで、クラシックと対比させています。3箇所の奥行きのあるスペースを設け、セットアップを着せたマネキンを中心に配置。カラーリングは今回のコレクションや古い台帳の色彩とコーディネートして決定しました。淡いトーンの背景はライティング次第で見え方が変わる難しさがあるのですが、想定より一段階深い色を選ぶとウィンドウ内では理想の明度に仕上がります。また、床には原毛を敷き、ウール素材の商品であることを演出。モニター前の空間には、ジェンツヘッドと呼ばれる独自のプロップスにポロシャツをかけてカラーバリエーションを見せています。オリジナリティのある要素を用いて、バーニーズ ニューヨークならではの独特な魅力とともに今回のコレクションやレダ社の魅力をお客様へお伝えすることが大事だと考えています。

BARNEYS NEW YORK SPECIAL PROJECT

ポアーラ 私たちは、「ウールは美しく、現代的なコレクションが表現可能な天然繊維である」というメッセージを大胆に伝えたいと思っていました。"メイド イン イタリー"のコンセプトを世界中に広め、日本市場でのプレゼンスを強化することが重要であると感じているので、パートナーの選択は非常に重要です。バーニーズ ニューヨークは高水準の製品品質と、優れたファッションとトレンドを発信している店舗で、レダ社同様の長い歴史の中で培われた確固たる存在として親和性も感じています。今回出来あがったウィンドウディスプレイは私たちの期待をはるかに超える大きな成果となりました。レダ社の支えとなっている150年を超える歴史やサスティナビリティに対する想いなどの哲学といった、ファブリックの背後にある"STORY TELLING"がこのウィンドウディスプレイでよく伝えられていると感じています。

BARNEYS NEW YORK SPECIAL PROJECT

コレクション内容については
こちらからご覧ください>>>

***

BARNEYS NEW YORK SPECIAL PROJECT

PROFILE

レダグループ CEO

ERCOLE BOTTO POALA

大学卒業後、海外での経験を経て1994年に経営者一族の4代目としてレダ社に入社。生産・デザイン・マーケティングから新規ビジネスまで、あらゆる分野において必要な知識を吸収し、2005年にレダグループのCEOに就任。"地域に密着した倫理的な工場を発展させること"を目標とし、製品品質はもちろん、人間関係、環境、そして伝統を尊重することを掲げている。

BARNEYS NEW YORK SPECIAL PROJECT

STAFF'S PROFILE

クリエイティブディレクター

谷口勝彦

1990年バーニーズ ジャパン入社。米国バーニーズ ニューヨークにてサイモン・ドゥーナン(現クリエイティブ・アンバサダー・アット・ラージ)に師事。現在は、日本のバーニーズ ニューヨークのウィンドウからフロアディスプレイ全般、店舗デザイン、広告ヴィジュアルなどのストアイメージに関わるすべてを統轄している。