洗練のラインナップから、ゲスト一人ひとりに寄り添う一品を。 バーニーズ ニューヨークのブライダルギフト MARRIAGE STORY | BARNEYS NEW YORK

年末年始営業時間についてのお知らせ

新宿店:12/21(土)~12/29(日)・1/2(木)~1/4(土)は20:30まで営業。
横浜店:12/26(木)・12/28(土)は20:30まで営業。
銀座店:12/21(土)~12/30(月)・1/2(木)~1/4(土)は20:30まで営業。

*12/31(火)は全店通常営業(11:00~20:00)。
*新年1/1(水・祝)は全店休業。
BARNEYS NEW YORK logo
ホーム / PERSONALITIES / MARRIAGE STORY 洗練のラインナップから、ゲスト一人ひとりに寄り添う一品を。 バーニーズ ニューヨークのブライダルギフト

MARRIAGE STORY洗練のラインナップから、
ゲスト一人ひとりに寄り添う一品を。
バーニーズ ニューヨークのブライダルギフト

MARRIAGE STORY

一生の記念となるブライダルシーンは、二人らしさが輝くアイテムで演出したいもの。本連載では、理想のブライダルスタイルを実現したバーニーズ ニューヨークスタッフの体験談をご紹介。第6回は披露宴の引出物選びにバーニーズ ニューヨークのブライダルギフトとチェルシー パッセージを活用したという夫のYさん、妻のKさんにエピソードを伺いました。

ーYさんとKさんは2008年にお互いバーニーズ ニューヨークのスタッフとして出会い、2010年頃から交際をスタート。2016年の春にYさんがサプライズでプロポーズされたそうですね。 Y:はい。いつか結婚するだろうと思いながらも、なんとなくタイミングを逸していたら、同僚たちから「そろそろでしょ」と煽られまして(笑)。話の流れで、「スタッフの歓送迎会の最後に、サプライズでプロポーズをしよう!」ということになったんです。

ーなるほど(笑)。 Y:会の終了間際に僕がこっそり会場を抜け、すると会場のスクリーンに突然、僕たちの思い出の写真が流れ始めて、どういうことかわからず混乱している彼女の前に、ジャケット姿に着替えた僕が登場。みんなの前でプロポーズをする、というサプライズでした。

K:私は驚くやら、戸惑うやら。「会の主旨と違う!」「会の主役に申し訳ない」と慌てるばかりでしたが、みんなのお祝いムードに背中を押されて、エンゲージメントリングを受け取りました。

ーエンゲージメントリングは<マルコム ベッツ>のものだそうですが、YさんがKさんに内緒で購入されたということでしょうか。 Y:そうです。スクエアのダイヤモンドが横に3つ並んだデザインで、バーニーズ ニューヨーク銀座本店でのトランクショーの際にマルコムさん自身にアドバイスしてもらいながら選びました。

K:<マルコム ベッツ>ではあまり見たことがないデザインで、少しクラシックな印象もありすごく可愛いなと。とても気に入っています。

MARRIAGE STORY

(左)サプライズのプランを知ったマルコム氏から"SAY YES!"のメッセージも書かれたエンゲージメントリング。(右)マリッジリングも<マルコム ベッツ>をセレクト。

ーそれから約1年後の2017年3月にホテル椿山荘東京で結婚式をされました。どんな結婚式にしようと思ったのか、コンセプトを教えてください。 K:両親や親戚、友人など、老若男女を問わず、参加者全員がリラックスしたムードで楽しんでくれるような、昔ながらの「ザ・結婚式」にしたかったんです。お色直しには和装も含め、入場する際は大好きな祖母と一緒に歩きました。思い出のビデオを作って流し、ウエディングケーキに入刀して、両親には感謝の手紙を読み、花束を渡して......という、まさに王道のスタイル。モダンでスタイリッシュな披露宴に憧れもありましたが、こういうクラシックな結婚式もなかなかハートフルでいいな、と思いました。

MARRIAGE STORY

ーきっと温かみあふれる結婚式だったのでしょうね。引出物はゲスト一人ひとりの好みやライフスタイルに合わせて、個別に選んだと伺いました。 K:カタログギフトにはゲストが好きなものを自由に選べるというメリットもありますが、来ていただいたゲストの方一人ひとりに寄り添った、日常のシーンで使っていただけるようなものをお贈りしたいと思ったんです。贈る相手を思い浮かべながら「あの人にはこういうものがいいかな」と細かく選んでいきました。

ーゲストの皆さんへの愛情とホスピタリティを感じます。どんな方にどのようなものを選んだのか、教えてください。 Y:仕事中によくお茶を飲んでいる方にはタンブラー、一人暮らしの男性には香りのギフト、料理好きの友人には陶芸家の方が手掛けられたデザインボウル、既婚の友人には湯呑みのセット、親戚には<ノリタケ>の限定デザインのテーブルウェア、といった具合でした。

MARRIAGE STORYMARRIAGE STORY

夫妻が選んだ、ゴールドのアクセントが美しい<ノリタケ>×<バーニーズ ニューヨーク>のテーブルウェアは、現在でも高い人気を誇るブライダルギフト。

ーセンスのいいラインナップですね。贈る相手をイメージしながら丁寧に選んだことが伝わってきます。 K:バーニーズ ニューヨークはブライダルに特化したギフトが充実していて、テーブルウェアから雑貨まで揃います。とにかくいろいろなアイテムがあるので、個別に選んでいくには時間もかかりましたし、思い返せば大変だったと思いますが、楽しい作業でした。

MARRIAGE STORY

挙式時のリングピローもオーガンジーと繊細なレースが美しいバーニーズ ニューヨークのアイテムをセレクト。

Y:実は、事前にブライダルフェアをいくつか見学したのですが、ギフトに関してはどちらも「いかにも引出物」というテイストのものが多かったんです。私たちは、結婚式自体はベーシックな王道スタイルを目指しましたが、ギフトに関しては、贈った方の暮らしに寄り添う、モダンでセンスのいいものであってほしいと思っていました。

Y:その点、バーニーズ ニューヨークはありきたりすぎないものを選べるし、どれもクオリティが高く安心して使っていただけるのが魅力だと思います。バーニーズ ニューヨークだけのエクスクルーシヴなデザインのものもたくさんあるので、スペシャル感も演出できます。

ー心のこもったギフト選びの強い味方になってくれそうですね。本日は参考になるお話をありがとうございました!

***

ブライダルギフトはこちらから
ブライダルアイテムはこちらから
バーニーズ ニューヨーク各店の
ブライダルサービスのご案内はこちらから