MY IT COAT: HIROSHI MORIOKA | From the Fashion Office | MEN'S | BARNEYS NEW YORK

年末年始営業時間についてのお知らせ

新宿店:12/21(土)~12/29(日)・1/2(木)~1/4(土)は20:30まで営業。
横浜店:12/26(木)・12/28(土)は20:30まで営業。
銀座店:12/21(土)~12/30(月)・1/2(木)~1/4(土)は20:30まで営業。

*12/31(火)は全店通常営業(11:00~20:00)。
*新年1/1(水・祝)は全店休業。
BARNEYS NEW YORK logo
ホーム / MEN'S / MY IT COAT: HIROSHI MORIOKA

MY IT COAT: HIROSHI MORIOKA

mv

冬支度もいよいよ本番。その筆頭格が何と言ってもコート。自分に似合う一着を見極めるには?長年メンズスタイリストとして、また数々の広告などを手がけるファッションディレクターとして活躍している森岡弘氏に、バーニーズ ニューヨークで見つけたご自身が着たいコートと、コート選びにおいて必要な視点を語っていただきました。

sub

コートは男性を格上げするアイテム
サイズ感がすべてを左右する

「スーツは男性をカッコよく見せる服、コートは男性を格上げする服だと思っています。ビジネスシーンにおいては、“仕事がデキる”ということが優先事項であり、ファッションに明るいことは優先事項ではありません。スーツは正しくきれいなものを選べば、補正効果も相まってきっちりとカッコよくなる。しかし、正しくきれいなだけでは無個性なことも事実。この時期、男性にとってのコートは、スーツ以上に自分らしさをプラスし、格上げしてくれる存在です。コートほど楽しめるアイテムはないと思いますね」と話す森岡氏。ただし、気をつけなくてはいけないのは、サイズ感だと強調。「僕が選んだのは、トレンドのオーバーサイズコートですが、大事なのは袖丈や着丈。大人にとっては、トレンドだからと袖丈も長いままでOKではなく、肩は落ちているけれど袖丈はぴったり自分の長さ、というように、押さえるべきサイズを押さえることで、“この人はボリュームのある今年らしいデザインのものを選んでいる”というように映るんです。サイズが決まっていないと、だらしなく見えたり、無理にオーバーサイズを着て頑張っている人のような印象を与えます」。
では、サイズ感さえ合えばOKなのでしょうか?「トレンド感は、年齢を重ねるほどバランスを考えながら抑えるべきです。このコートは、オーバーサイズのデザインではありますが、だらしなく見えるほど肩が落ちていませんし、シルエットも少しゆったりめというだけ。切りっぱなしのディテールにトレンドの要素はありますが、色はとても大人らしくて上品。そういうトレンドとベーシックのバランスやさじ加減が取れているものをさらっと着るのが大人の趣味のよさなのかも知れませんね」。
最後に、バーニーズ ニューヨークで選ぶ意義をお聞きしました。「どうしたらセンスってよくなりますか、とよく聞かれますが、センス=気付き。だから自分の行きつけのお店を一つ見つけてくださいと言います。いいお店と出会えれば、スタッフにも相談できるし、ディスプレイにもヒントがあります。それを見て、“カッコいいな”とか“この色合わせいいな”と感じることでセンスは身についていく。その代表となるのがバーニーズ ニューヨークだと思います」

MY IT COAT: OVERSIZED COAT

01

高密度に織りあげた素材に、ハリやコシを持たせる含浸加工をほどこし、独特のボリュームあるシルエットを実現した<バーニーズ ニューヨーク>オリジナルコレクションのコート。バルーンシルエットのステンカラーコートは、三重織のウール×カシミヤ×シルク素材を使用。袖口には断ち切りのディテールを採用するなど、ベーシックなデザインに程よくトレンド感を盛り込んだ一着。

大草直子

PROFILE ファッションディレクター 森岡弘

大学卒業後、現ハースト婦人画報社『メンズクラブ』にてファッションエディターとして従事。1996年クリエイティブオフィス「グローブ」を設立。ファッションを中心に活躍の場を広げ、俳優、芸能人、ダンサー、ミュージシャン、アーティスト、アスリート、文化人など数々の著名人のスタイリングを担う。イベントやショップのコスチューム、企業のユニフォームをデザイン・制作、アパレルブランドをはじめとする多くのブランドのプロデユース&ディレクション、広告やカタログのディレクション&スタイリングも手がける。

STORE LOCATION
SHOP ONLINE STORE