年末年始営業時間についてのお知らせ

新宿店:12/21(土)~12/29(日)・1/2(木)~1/4(土)は20:30まで営業。
横浜店:12/26(木)・12/28(土)は20:30まで営業。
銀座店:12/21(土)~12/30(月)・1/2(木)~1/4(土)は20:30まで営業。

*12/31(火)は全店通常営業(11:00~20:00)。
*新年1/1(水・祝)は全店休業。
BARNEYS NEW YORK logo
CONVERSATION: YASUTOMO KODERA×THE BARNEYS TEAM

CONVERSATION: YASUTOMO KODERA×THE BARNEYS TEAM

インディアンジュエリー業界の最重要人物として知られる小寺康友氏とバーニーズ ニューヨークがこの秋、スペシャルタッグ!スタートしたばかりのエクスクルーシヴなシルバージュエリーブランド<スカイ ブルー ホーク>、小寺氏の熱い思いが込められた新ブランドのフィロソフィを、同氏と親交の深いバーニーズ ニューヨークPR中野との対談でお送りいたします。

 

-軽井沢にあるインディアンジュエリーの名店、「スカイストーン・トレーディング」の代表にしてインディアンジュエリーのディーラー、そしてオリジナルのデザインを手がけるシルバージュエリーの作家として八面六臂の活躍を続ける小寺康友氏。その豊富な知識と審美眼は、現地の著名なディーラーやインディアンアーティストたちも一目置くほどだとか。本物のインディアンジュエリーの魅力を、大いなる自然が育んだ天然のターコイズの美しさを伝えるべく活動してきた小寺氏が、満を持して手がける新ライン<スカイ ブルー ホーク>。その魅力を伺います。

中野光章[バーニーズ ニューヨーク PRシニアマネージャー](敬称略/以下中野): インディアンジュエリー好きにとって、「スカイストーン・トレーディング」はまさしく聖地。アメリカでも滅多にお目にかかれないような偉大な作家のジュエリーが、普通にショーケースに並んでいたりします(笑)。また僕たちは、小寺さんの著書『完全版 ターコイズ・ブック』を読んで知識を増やしてきたわけです。今年2月には遂に、バーニーズ ニューヨーク銀座店で「スカイストーン・トレーディング」期間限定ストアが実現しました。今回の新プロジェクトはバーニーズ ニューヨークでしか手に入らないエクスクルーシヴなラインということで、スタッフ一同わくわくしています。
小寺康友[スカイストーン・トレーディング代表](敬称略/以下小寺): <スカイ ブルー ホーク>は本物から感じる魅力を多くの人に知っていただきたい、そんな思いではじめました。一点一点、著名な作家が手作りしているインディアンジュエリーは近年、値段が高騰してしまって。<スカイ ブルー ホーク>は私が作ったキャスト(型)を用いて製作コストを抑えた分、天然のターコイズを用いて上質な美しさを提案していきます。
中野: 世に出回っているターコイズのほとんどが加工されたり染められたものなんですよね。
小寺: ターコイズ鉱山のオーナーにしても、染めて市場に出さないと採掘の採算がとれないって言うんですよ。今回は旧知の仲であるオーナーの協力もあって、出来る限り価格を抑えつつ高品質の天然ターコイズを紹介できることになりました。
中野: ターコイズの魅力もさることながら、シルバー自体にも重みというか厚みがありますよね。
小寺: やっぱり自分が手がけるからには、本物が持つ「厚み」にこだわりたい。シルバージュエリーの魅力は何と言っても、この「影」なんだよね。薄っぺらなシルバーの場合は光が屈折せず、独特のこの「影」が出ないんですよ。全体がのっぺりと鉄のようなグレーになって、表情に深みとか奥行きが生まれない。
中野: インディアンジュエリーの場合はデザインもデコラティブすぎるきらいがありますが、<スカイ ブルー ホーク>はモチーフも現代的で使いやすい。シルバージュエリーってそもそもどんなファッションにも合うと思うんですが、僕としてはぜひ、バーニーズ ニューヨークで扱っているようなヨーロッパやアメリカのデザイナーズと合わせてモダンに着こなしていただきたいです。
小寺: シルバージュエリーをこてこてのアメカジに合わせちゃうと少し子どもっぽくなるからね。たとえばびしっとしたスーツ姿でちらりとシルバーのバングルが袖口から覗いていたらスマートだよね。

-<スカイ ブルー ホーク>で特にこだわった点はなんでしょうか?

小寺: 天然のターコイズにこだわりたくて、特に一つの鉱山から出たターコイズのみを用いています。キャンデラリア ブルーという、新しい鉱脈で採掘されたターコイズなのですが、ここの石は有望株で確実に価値があがってくるとにらんでいます。オーナーとは20年くらい前から親交があって、現在のオーナーは3代目。初代はとにかく鼻が利く人で、「この場所をこの角度で掘れ」と指示するんです。その通りに掘ると、本当に出て来る(笑)。その孫である3代目もそうしたセンスを受け継いでいるので、今後が楽しみな石ですね。今回は彼らの石の中でもマトリックス(不純物。石に入った網目状の模様)の線が細く、なるべく均等に入ったものを選びました。
もう一つのこだわりは繰り返しになるけれど、やはりバングルのシルバーの厚みでしょうか。厚みがあるからサイドの部分をヤスリで削ってエッジがとれる。だから着け心地がいいんです。デザイン的なこだわりとしてはなるべくスタンプやラインを少なく、それでいて存在感のあるデザインを心がけました。スタンプがたくさん刻まれたデザインは一見、豪華で目につくんだけれど、どうしても「間」が無くなってしまう。間、あるいは味わいと言ってもいいかもしれない。その「間」がないと長く愛用してもらえないというのが信条です。先ほどお話しした「影」、そして「間」こそがシルバージュエリーの醍醐味だと思っていますから。

中野: 小寺さんの個人的なおすすめはどれでしょうか?

小寺: ターコイズ入りのジュエリーはもちろんおすすめだけれど、個人的には石のないシルバーバングルとロゴモチーフをあしらったリングかな。厚みがあるから「影」もキレイだし、ごくシンプルなデザインだけに、使い込むとオーラが出てくると思います。
中野: シルバージュエリーって買ったときよりも使い込んだ後のもののほうが断然、美しいですよね。自分で育てる感覚と言うんでしょうか、同じ年月を共にするだけに愛着もひとしおです。
小寺: 経年劣化ならぬ「経年進化」を楽しめるところがシルバージュエリーの面白さだよね。
中野: <スカイ ブルー ホーク>の展開とは別に、銀座店で大好評を博した「スカイストーン・トレーディング」期間限定ストアを12月に開催します。<スカイ ブルー ホーク>のハイエンドラインともいえる「スカイストーン・トレーディング」の小寺さん作の一点物も含めた逸品が一堂に揃うイベントです。古い写真集でしかお目にかかれないだろうというような作品もご紹介いただきますので、この機会にぜひ、本物の魅力に触れてみてください。

* * *

RECENT NEWS