SPRING 2018 MEN'S BUSINESS STYLE "STYLING TRAVEL" | Business Style | MEN'S | BARNEYS NEW YORK

年末年始営業時間についてのお知らせ

新宿店:12/21(土)~12/29(日)・1/2(木)~1/4(土)は20:30まで営業。
横浜店:12/26(木)・12/28(土)は20:30まで営業。
銀座店:12/21(土)~12/30(月)・1/2(木)~1/4(土)は20:30まで営業。

*12/31(火)は全店通常営業(11:00~20:00)。
*新年1/1(水・祝)は全店休業。
BARNEYS NEW YORK logo
ホーム / MEN'S / SPRING 2018 MEN'S BUSINESS STYLE "STYLING TRAVEL"

SPRING 2018
MEN'S BUSINESS STYLE
"STYLING TRAVEL"

ドレスクロージングの世界では昨シーズンからクラシック傾向が強まっています。2018年の春夏シーズン、ビジネススタイルでは、どんなスタイリングをすれば今シーズンらしく見えるでしょうか。メンズPR新井慶太がメンズビジネスチームのバイヤー亀谷恵介に話を聞きました。

新井 今回もピッティ・ウォモをはじめイタリアへの出張、お疲れさまでした。いよいよ始まった2018年春夏シーズン、バーニーズ ニューヨークが打ち出すビジネススタイルのテーマから伺えますか?
亀谷 今シーズンのテーマは"STYLING TRAVEL"です。ビジネススタイルの大きなトレンドの流れは昨シーズンに引続き"英国調"ですが、今シーズンの特徴として、ジャケットスタイルでブレザーを中心とした"米国"を打ち出します。とは言え、バーニーズ ニューヨークのスタイリングのベースにあるのは"イタリア"。イタリアをベースに、英国・米国のテイストをコーディネートに取り入れるという意味で"スタイリングの旅"と名付けました。

新井 つまりスーツの場合はイタリアから見た英国、ジャケットスタイルの場合はイタリアから見た米国ということですね。英国と米国それぞれのムードが見えるようなスタイリングのなかに、軽やかな生地や仕立て、スリムなシルエットでイタリアらしい洗練された雰囲気を演出する。着心地も今のもの=モダンにしているというわけですね。

春夏シーズンこそスリーピーススーツを

亀谷 スーツスタイルでの"英国調"という軸は変わりません。英国らしさがありながらイタリアの軽い仕立て、スリムなシルエット、素材は強撚で仕立て映えするものですが、イタリア製のものをセレクトしています。あくまで英国らしさを香らせるということです。また今シーズン、スーツに関して大きくピックアップしているのが"スリーピース"スーツです。

新井 ほとんどすべてのブランドでスリーピーススーツが揃いますね。
亀谷 春夏シーズンでここまでスリーピーススーツを展開したのはバーニーズ ニューヨークでは初めてです。フォーカスする理由はいくつかありますが、一つは"クラシック"というトレンド。加えて今回は"スリーピースで着回す"ことをご提案したいのです。もちろんトレンドを踏まえながらも、ビジネスシーンで着るデザインに仕上げています。ベルトのできるパンツでプリーツも1つまで、というように私たちのスーツはビジネスできちんと着ることを基本にしていますからね。
新井 スリーピーススーツは秋冬シーズンに着るイメージがある方も多いのではないでしょうか?
亀谷 そうですね。しかし春夏でもスリーピース、ではなく、春夏だからこそスリーピース、と考えました。春夏シーズンのスーツは、2月から店頭に並んでいます。3月にスリーピースを買っていただければ、暖かくなる前から着ることができ、5月のゴールデンウィーク明けのクールビズスタイルではジャケットは着なくても、ベストとパンツを組み合わせて着ていただくことも可能。従来のクールビズスタイルではシャツとパンツのみになってしまうところを、ベストを使ってきちんと見せよう、夏のスタイリングをもっと楽しんでみようというご提案です。つまり春夏シーズンのスリーピーススーツは、一年を通すとコストパフォーマンスも高いアイテムなのです。今シーズンバイイングしたスリーピーススーツの素材選びもその点を意識しています。

胸元はトレンドカラーで華やかに

新井 お客様がスリーピーススーツを買った後、どうやったら最大限使っていただけるかということを考えたのですね。ジャケットを脱いで、ベストとパンツのスタイルになったときのVゾーンはどのようにコーディネートしたらよいのでしょうか?
亀谷 クールビズはタイをしないことがポイントとも言えます。そんな時にベストの中に着るドレスシャツとしてはセミワイドカラーという襟型がおすすめです。スリーピーススーツというアイテムそのものがクラシックに見えますので、ワイドスプレッドなどの襟型ですとイタリアっぽく見えてしまいます。セミワイドのシャツならばタイをしても、あるいはタイドアップしなくてもコーディネートにも合い見栄えもします。胸元を開けたときでも襟先の角度が鋭角なので、シャープな印象になりバランスがいいはずです。英国らしいタブカラーやピンホールカラーのシャツもスリーピースと相性がいいのですが、タイドアップしないときにはこのセミワイドの襟型がベストではないでしょうか。また逆に、タイをきちんと締めてもいいでしょう。このセミワイドのシャツはブランドを織り交ぜてご提案しています。

新井 コーディネートの肝としてバーニーズ ニューヨークでは毎シーズン、タイの選び方で新しさやトレンドを表現していますが、新しい傾向はありますか?
亀谷 今年はややスモーキーな色目を選ぶことをおすすめします。差し色としては大きく2つあり、寒色系では"ミント"。ブルーからグリーンまでのカラーパレットで、具体的にはミントブルーやミントグリーンなどが挙げられます。もう一つが"ローズピンク"という色。ピンクはウィメンズでも大きなトレンドカラーで、男性が着用していても女性にも受け入れられやすい色。いずれもスモーキーな色目、強く出過ぎない色なので、コーディネートに取り入れやすいですよ。

新井 スーツの傾向はクラシックに、Vゾーンのまとめ方は華やかな感じにするということですか?
亀谷 そうですね。バーニーズ ニューヨークのビジネススタイルの基本はVゾーンを華やかにまとめること。またスリーピースのスタイリングということでは、より感度の高い方へはプリントタイもおすすめです。クラシックなスーツスタイルに馴染みますからね。
新井 こうしたスーツにはどのようなシューズを選べばいいでしょうか?
亀谷 コーディネートをまとめるという点では引続き表革のシューズを合わせていただければ。タイドアップするときにはレースアップシューズ、たとえばセミブローグのモデルならばどんなスーツにも合います。ジャケットを脱いだスタイルでは外羽根式のデザインのもの、またはスリップオンシューズのソールが華奢ではないものがいいでしょう。ベストだけになったときにもきちんとしたイメージにするため、やわらかい印象のシューズに替えた方がベターです。そういった際はVゾーンの色合いとマッチするブラウン系がいいのではないでしょうか。ミントやピンクのカラーリングが引き立ちますから。

ジャケットスタイルの新しいご提案"ブレザー"

新井 ジャケットスタイルにおいては"米国"というキーワードが出ましたが。
亀谷 デザイナーブランドを中心に "1990年代スタイル"がトレンドの重要なポイントとして提案されています。1990年代のスタイルを端的に言うと"ミックス"が基本。違うジャンル・テイストをミックスしたストリートのスタイリングが当時は流行っていました。そうした提案のなか、ボタンダウンシャツやチノパンツといったアメリカントラッドのアイテムが見られるようになってきました。そんなトレンドをビジネススタイルでもご提案するとしたら、と考え"ブレザー"ではないかという結論になったわけです。

新井 私も同行したピッティ・ウォモでもそのような提案がいくつか見られたのでしょうか?
亀谷 いえ、ブレザーのスタイリングはビジネススタイルの潮流=クラシック・ブリティッシュとは別の軸で考えたバーニーズ ニューヨークならではのご提案です。ブレザーの典型的なイメージは<ブルックス ブラザーズ>に代表されるような、メタルボタンにポケットがパッチ&フラップのオーセンティックなモデル。ビジネスシーンでもご着用いただきやすいアイテムにしたかったので、各ブランドのシルエットや仕立てを生かしながらわかりやすいディテールをプラスして"紺ジャケット"ではなく"ブレザー"にアップデートしました。ですから今回、ほとんどのブレザーがバーニーズ ニューヨークエクスクルーシヴ。たとえば<ザ ジジ>では、人気のアンコンジャケットをベースにブレザー仕様に作ってもらいました。
新井 ということはバーニーズ ニューヨークで今シーズン、ジャケットスタイルの鍵となるのは"ブレザー"ということですね。
亀谷 その通りです。私たちのスタイリング提案に期待してくださるお客様、感度の高いお客様に対するご提案とも言えますね。
新井 若いお客様にとっては新しいアイテムとも言えるかもしれません。

亀谷 間違いなく新鮮でしょうね。とはいえ今らしいスリムなシルエットに仕立てていますので、あくまでコーディネートは"アメトラ"や"プレッピー"に見えるようにすることが肝心だと思います。
新井 スーツにおけるセミワイドカラーシャツと同じように、ブレザーの場合のシャツといえばボタンダウンシャツですね。
亀谷 ボタンダウンシャツはしばらくご提案してきませんでしたが、今回のスタイルでは必須アイテムだと思います。このシャツはスタイリングにスポーティな印象が宿ります。合わせるタイとしてはレジメンタルストライプに加えて、クレストモチーフのものもセレクトしています。
新井 ブレザーに合わせるパンツとしてはやはりチノパンツでしょうか?
亀谷 そうですね。今シーズンはバーニーズ ニューヨークに初登場するブランドも含めてより本格的なモデルをご用意しています。イタリア軍のパンツや有名ブランドのパンツも製作している<ピアット>では、軍用のチノパンツのディテールと作りに沿ったアイテムをラインナップ。<インコテックス>の新ラインからもミリタリーチノを選んでいます。従来通りの程よくタイトなシルエットではきやすい一着です。

新井 そうなると靴もスリップオンシューズがいいと思いますが、いかがでしょうか?
亀谷 スポーティさをきちんと見せたいですからね。ホーウィン社のコードバンを使って<クロケット&ジョーンズ>でキルティングローファーをオーダーしました。これこそブレザーに合わせる靴ではないでしょうか。ブレザーというアイテムは、ジャケットの存在感を出しながらドレスからカジュアルまで着られる稀有なアイテム。それが一般的なネイビージャケットとは異なる点です。一着あれば今シーズンのトレンド感が出しやすく、さまざまなシーンに着用いただける点ではスリーピーススーツと同じ立ち位置にあるとも言えるかもしれません。<タリアトーレ>・<パルテノぺ>でご用意しているブレザーは、どちらも米国ブランドではお目にかかれないくらいスリムです。今の時代性があるアイテムでアメリカンスタイルを楽しむ、これがバーニーズ ニューヨークならではの醍醐味だと思います。
新井 なるほど、ビジネススタイルの中で今年特に選ぶならば、スリーピーススーツとブレザーということですね。ありがとうございました。

***

STAFF'S PROFILE

メンズビジネスチーム バイヤー

亀谷恵介

大学卒業後、バーニーズ ジャパンへ入社。銀座本店にてファニシング・スーツフロアのセールスアソシエイトとして経験を積み、ドレスクロージングの世界に魅了され、2012年8月よりバイヤーの道へ。自分らしさを取り入れたスーツの着こなしは秀逸。休日は育児に専念し、家族と過ごす時間を楽しんでいる。

STAFF'S PROFILE

メンズPR

新井慶太

PRアシスタントとしてバーニーズ ジャパン入社後、一度退社しイタリアへ留学。帰国後の2011年にバーニーズ ジャパンへ再入社。PRスタッフを経て2012年よりメンズPRを担当。イタリア文化とサッカーへの造詣が深く、海外生活の経験を生かし、PR業務に幅広く才能を発揮している。