GIRL POSSIBLE: ジェンダーの平等と若者のエンパワーメントを推進する 国際ガールズ・デーのイベントを振り返る | CULTURE | BARNEYS NEW YORK

年末年始営業時間についてのお知らせ

新宿店:12/21(土)~12/29(日)・1/2(木)~1/4(土)は20:30まで営業。
横浜店:12/26(木)・12/28(土)は20:30まで営業。
銀座店:12/21(土)~12/30(月)・1/2(木)~1/4(土)は20:30まで営業。

*12/31(火)は全店通常営業(11:00~20:00)。
*新年1/1(水・祝)は全店休業。
BARNEYS NEW YORK logo
ホーム / CULTURE / GIRL POSSIBLE: ジェンダーの平等と若者のエンパワーメントを推進する 国際ガールズ・デーのイベントを振り返る

GIRL POSSIBLE:
ジェンダーの平等と若者のエンパワーメントを推進する
国際ガールズ・デーのイベントを振り返る

GIRL POSSIBLE

国連が定めた10月11日のINTERNATIONAL DAY OF THE GIRL CHILD(国際ガールズ・デー)の理念に共感して、バーニーズ ニューヨークでは昨年よりさまざまな取組みをスタート。2回目を迎える今年も、「#GirlPossible」をキャッチフレーズに、ファッションを通じて国際ガールズ・デーの認知を拡大するとともに、若い世代の可能性を後押しし、性差による差別のない社会を目指すストアイベントを行いました。ファッションを学ぶ学生に向けて新宿店で行った試着会・パネルトークの模様と、バーニーズ ニューヨーク六本木店で開催したトークイベントをレポートします。
text: Emi Akimoto

10月上旬、バーニーズ ニューヨークのウィンドウディスプレイが国際ガールズ・デーのシンボルカラーであるマゼンダカラーに彩られました。壁面には、社内のディスプレイチームが考案した国際ガールズ・デーのモチーフとその意義をデザイン。さらに、自立した女性をイメージさせる2体のマネキンを配しキャッチフレーズのハッシュタグとともに、道行く人にメッセージを発信しました。

GIRL POSSIBLE

店内では、ウィンドウ同様のモチーフをデザインしたステッカーを配布。SNSの投稿で、どなたでも簡単に国際ガールズ・デーの認知拡大にご協力いただけるキャンペーンを実施しました。さらに、10月11日(木)当日は各店店頭で女性の多様性を表すような多種多様なマゼンダカラーのバラをお配りし、国際ガールズ・デーを周知しました。

国際ガールズ・デー前日は東京モード学園ファッションビジネス学科の学生約90名を招き、新宿店で試着会を実施。学生たちは、普段あまり手に取る機会がないビッグメゾンのウェアやビジネススーツなど気になったアイテムを各フロアで次々に試着し、確かなものづくりを体感していました。関心を寄せる学生が、ファッションディレクターやバイヤーに買付け時のエピソードや商品のディテールについて熱心に質問する姿も。

GIRL POSSIBLE

また2Fでは、スニーカーを扱う話題のストア「アトモス」を運営するテクストトレーディング代表取締役 本明秀文氏と、女性スタッフのみで構成されることで注目を集める「アトモス ピンク」の工藤朱里氏をお招きしてパネルトークも開催。本明氏はファッション業界を志す学生たちへ、グローバルに勝負し続けていること、またビジネスを成功させるには「自分で満足できる仕事をする」「最低3年は続ける」ことが重要だとアドバイス。工藤氏は、「アトモス ピンク」がデビューわずか半年で<ナイキ>のグローバルなミーティングに招待された喜びや、女性でも活躍できるファッション業界での仕事のやりがいを語りました。

10月11日(木)当日には国際NGOプラン・インターナショナルが六本木の街で行うBecause I am a Girlキャンペーンの一環として、バーニーズ ニューヨーク六本木店でもトークイベントを開催。登壇したのは、途上国の女の子が直面する問題を描いた映画『ソニータ』に心動かされた歌手 一青窈氏、映画配給会社ユナイテッドピープル代表 関根健次氏、プラン・インターナショナル理事 大崎麻子氏。

GIRL POSSIBLE

大崎氏が映画『ソニータ』を日本で公開した理由を関根氏にたずねると「望まない結婚から逃れてラッパーになる夢を叶えたソニータの姿は、日本で辛い状況にある方たちの元気につながると思いました」とコメント。続いて、一青氏がプライベートで何度も訪れている途上国への思いを語りました。「カンボジアでは地雷の撤去を見たり、アフリカのスラムには歌を届けに行きました。まずは自分の目で見て、そこから何をできるか考えても遅くないと思います。感じたことを歌にのせて、ずっと応援していきたいですね」。ラストには、困難を乗り越え女性のエンパワーメントの大切さを伝える活動をプラン・インターナショナルとともに続けるバングラデシュの女性も登場。一青氏が「世界中の女の子が自分らしく生きる権利を持っていることを恐れずに伝えていってほしい」とエールを送ると、会場は拍手に包まれました。

GIRL POSSIBLE

バーニーズ ニューヨークでは、これからも未来への力となる若い世代を支援していきたいと考えています。

イベント開催時には、バーニーズ ニューヨークの国際ガールズ・デーの取組みにご賛同いただいた各企業より、ご協力をいただきました。

GIRL POSSIBLE