THE MODERN MAN'S WEEKDAY UNIFORM: TAGLIATORE | From the Fashion Office | MEN'S | BARNEYS NEW YORK

年末年始営業時間についてのお知らせ

新宿店:12/21(土)~12/29(日)・1/2(木)~1/4(土)は20:30まで営業。
横浜店:12/26(木)・12/28(土)は20:30まで営業。
銀座店:12/21(土)~12/30(月)・1/2(木)~1/4(土)は20:30まで営業。

*12/31(火)は全店通常営業(11:00~20:00)。
*新年1/1(水・祝)は全店休業。
BARNEYS NEW YORK logo
ホーム / MEN'S / THE MODERN MAN'S WEEKDAY UNIFORM: TAGLIATORE

THE MODERN MAN'S WEEKDAY UNIFORM:
TAGLIATORE

イタリア生まれのスーツ・ジャケットの中でもバーニーズ ニューヨークで圧倒的な人気を集めているブランドが<タリアトーレ>です。イタリアのプーリア州にあるファクトリーの2代目ピーノ・レラリオ氏が生み出す、洗練され快適な着心地を持つデザイン。現代のイタリアのテーラードスタイルをリードする存在として、その表現力と提案力に日本でも多くの支持が集まっており、バーニーズ ニューヨークの店頭でも「指名買い」が多いブランドの筆頭です。

<タリアトーレ>はイタリアの最南であるプーリア州で1960年代に創業されたレラリオ社の2代目、ピーノ・レラリオ氏が立ち上げたブランド。ブランド名はイタリア語で「裁断士」という意味で、日本では2013年の春夏シーズン頃から一挙に人気が高まりました。バーニーズ ニューヨークでは早くからイタリアのモダンなブランドとして<タリアトーレ>に注目しており、先がけて2011年からスーツをご紹介していました。

<タリアトーレ>というブランドのキーマンはピーノ・レラリオ氏であることは間違いありません。歴史あるファクトリーの2代目であり、現在のオーナーで、<タリアトーレ>のすべてのアイテムをデザインし、パターン=型紙も自ら手掛けています。そのスタイルも独特で、自らデザインしたジャケットをグラマラスに着こなします。シャツを大胆に開ける色気ある着こなしはイタリアのメンズ展示会、ピッティ・ウオモでもよくスナップされ、ブランドを象徴するアイコンのような存在でもあります。
<タリアトーレ>のスーツやジャケットの大きな特徴はシャープさにあります。胸からウエストにかけてのカッティングは美しく、構築的に仕立てられています。全体的にはコンパクトなフィッティングで、着丈も短いのですが、ベントを長くして視覚的なバランスを取るなど工夫されています。モダンな要素を持ちながら、大人が着られるように仕立てられている点が、<タリアトーレ>が30代以降のビジネスマンから圧倒的な支持を受けている大きな理由といえるでしょう。

<タリアトーレ>を作るレラリオ社は自社ブランド以外にも世界的なビッグメゾンのスーツやジャケットを手がけています。その仕立ての特徴は精緻さ。"狂いなくきれいに縫う"という形容がふさわしい仕上がりです。上着はこれまでは接着芯を使って仕立ていましたが、この春夏シーズンから本格的な毛芯を使って縫製ができるように進化。スーツに関してはバーニーズ ニューヨークでもフル毛芯縫製へと切り替えました。品質に対するアップデートを怠らないことも同ブランドへの信頼性へと繋がっています。

ピーノ・レラリオ氏はヴィンテージ風の生地を好み、その傾向はジャケットによく表現されています。今シーズンはブリティッシュムードを感じさせるものが多く、フラノやツイード調、コーデュロイなどが中心ですが、ウエイトは軽く、ソフトな手ざわりのものをセレクト。軽い仕立てとコンパクトなフィッティングは変わらず、ブリティッシュな香りを感じさせる生地を採用したことが今シーズンの<タリアトーレ>の大きな特徴です。
<タリアトーレ>が、ほかのブランドと異なる点は、オーナー自らパターンを引けること。つまり、イメージするものをきちんと形にできるということです。バーニーズ ニューヨークでも毎シーズン、XO(=EXCLUSIVELY OURS)という形で、スペシャルなリクエストをお願いしていますが、生地などを載せ変えるという簡便なものではなく、新しいモデルを作る、デザインを最初から起こしてもらうことまで<タリアトーレ>はいつも応えてくれるのです。
バーニーズ ニューヨークでは、ムジェッロ"というモデルのジャケットを中心に扱っています。"ムジェッロ"はドロップ9の細身のタイプで、バーニーズ ニューヨーク以外ではほとんど扱われていない、タイトなモデル。体感的にはワンサイズ小さいくらいのデザインですが、<タリアトーレ>ならではの仕立てのシャープさが強調され、バーニーズ ニューヨークではお客様から高い支持を受けています。
この"ムジェッロ"にはダブルブレストも存在。フロントのカッティングがラウンドしているデザインで、バーニーズ ニューヨークでも2013年に登場した際に、新しい気分で着こなせるジャケットとして非常に人気を集めました。このデザインは<タリアトーレ>のその後のコレクションからはドロップしていますが、バーニーズ ニューヨークでは、現在でもXOモデルとして、国内で唯一ご紹介しています。

このほか、今シーズンは、エクスクルーシヴアイテムとしてダブルブレストのジレを新たに追加。もとは8ボタンのジレをビジネスでも使えるよう6ボタンにしました。"ムジェッロ"のジャケットと共地にし、組み合わせることも可能です。また、このジレをフル毛芯縫製の"ヴェスビオ"のスーツと合わせて、スリーピーススーツとしても販売します。このスーツはピークドラペル、チェンジポケット付き、パンツがプリーツ入りと、今シーズンのブリティッシュムードをふんだんに取りれたスーツに仕上がりました。
もう一つのエクスクルーシヴモデルがトレンチコートです。昨シーズン、デザインから依頼して作りあげた本格派のコートを、昨年のコットンギャバジンに代わり、今シーズンはウールの一枚仕立てにアップデート。着丈も7cm長くし、サイズ48で着丈が約100cm。膝がちょうど隠れるくらいの丈でウール素材と相まってよりエレガントに見えます。定評あるスーツやジャケットに加えて、コートでも支持を受けることは間違いないでしょう。
バーニーズ ニューヨークならではの<タリアトーレ>の品揃えは、ぜひ店頭でお確かめください。

<タリアトーレ>メンズウェア新作コレクションのご紹介についてはこちらからご覧いただけます>>>