NEW YORK STORY by TORU HASHIMOTO (SUBURBIA) | CULTURE | BARNEYS NEW YORK

年末年始営業時間についてのお知らせ

新宿店:12/21(土)~12/29(日)・1/2(木)~1/4(土)は20:30まで営業。
横浜店:12/26(木)・12/28(土)は20:30まで営業。
銀座店:12/21(土)~12/30(月)・1/2(木)~1/4(土)は20:30まで営業。

*12/31(火)は全店通常営業(11:00~20:00)。
*新年1/1(水・祝)は全店休業。
BARNEYS NEW YORK logo
ホーム / CULTURE / NEW YORK STORY by TORU HASHIMOTO (SUBURBIA)

NEW YORK STORY
by TORU HASHIMOTO (SUBURBIA)

『FREE SOUL』のコンピレーションCDシリーズを22年にわたって世に送り続けるなど、広く支持される橋本徹(SUBURBIA)氏が、バーニーズ ニューヨーク六本木店レセプションパーティーにDJとして登場。六本木店のコンセプトである"BETTER THAN EVER"を音楽で表現した。
text: Ryohei Nakajima

ソウルやヒップホップの要素も融合し、元来のオーセンティックなサウンドから発展した現代のジャズ。2010年代に入って登場したそれらの音楽が、バーニーズ ニューヨークの世界観とマッチするのではないか。橋本氏はそう考えた。

「例えばロバート・グラスパーというミュージシャンがいますが、古きよきジャズの遺産を礎にしながら、R&Bやヒップホップとクロスしている部分が随所に感じられて、すごくニューヨークらしい。今のジャズの流れを作ったミュージシャンの一人ですし、グラミー賞を受賞するほど広く人気があるので、そんなテイストなら現在進行形のアーバンミュージックとしてバーニーズ ニューヨークでショッピングを​楽しむような感度を持った方も好きになるのではないかと考えました」

橋本氏は、2014年に銀座本店が10周年を迎えた時に"DECADE STANDARD"というコンセプトで、この10年に登場し銀座本店のフロアに流れていて心地よい音楽を想定したコンピレーションCD『FREE SOUL DECADE STANDARD』を手がけた。そして今回のレセプションパーティーでは"BETTER THAN EVER"というコンセプトが橋本氏をインスパイアした。

「2年前の"DECADE STANDARD"から展開する形で、2015年の春から『GOOD MELLOWS』というコンピレーションシリーズをスタートしました。元来はクラブミュージックだけれど、海辺のパーティーでプレイしても気持ちよく、ドライブ中やリビングで聞いても心と体に染み渡っていくようなタイプのメロウ・チルアウトな音楽を集めたかったのです。その中でも"都市の音楽"として素晴らしい傑作で、おそらくこの曲は未来のスタンダードとなっていくだろうというポテンシャルを持った曲を選んで六本木店のコンセプトを表現します。『GOOD MELLOWS BETTER THAN EVER』という、これも実現したらいいなと思う架空のコンピレーションをイメージして」

『GOOD MELLOWS』をスタートするきっかけとなったのは、ブルックリン出身でダンスミュージックシーンを牽引するジョー・クラウゼルによるメンタル・レメディーの『JUST LET GO』という曲だった。スピリチュアルな情感を宿した多様なサウンドをハウスミュージックに昇華し、体に響くようなビートだけでも琴線に触れるメロウな旋律だけでもなく、「日常の中に溶けこんで、幸福な気持ちにもブルーな気持ちにも寄り添ってくれる名曲」だと橋本氏は表現する。

「ニューヨークは人種のるつぼと言われますが、ヒスパニックも黒人も白人もアジア系も関係なく、何かを表現したいと思う人たちが集まっている場です。そこで各自が個性を認め合い、互いを生かし合いながら街全体の表現を生み出しているのがニューヨークの魅力だと思っています。文化のるつぼです。バーニーズ ニューヨークでは、各地から上質なアイテムをセレクトして集めてきて、その世界観を提案してお客様とパートナーシップを結んでいますよね。それがすごくニューヨークらしい部分だと思いますし、僕が普段やっているDJの選曲やCDのコンパイルの作業とも近いものがあると感じています」

ジャンルも時代も国や地域も問わず、自分のテイストに合う音楽をコーディネートして提案すること。橋本氏がこれまでに『FREE SOUL』をはじめとするコンピレーションCDで実現してきたことであり、スペシャリティストアであるバーニーズ ニューヨークのコンセプトとリンクする部分なのだ。

* * *

PROFILE

編集者/選曲家/DJ

橋本徹(SUBURBIA)

1966年東京生まれ。編集者として講談社に勤務したのち、ディスクガイド「SUBURBIA SUITE」のヒットを機に1993年に独立してコンピレーションCD『FREE SOUL』シリーズなどをスタート。"渋谷系"と呼ばれるムーブメントの火付け役の一人となり、1999年には「カフェ・アプレミディ」もオープン。20年以上にわたって、CDの選曲やDJ、編集・執筆など、幅広い活動を通じて心地よい音楽を提案し、世代を超えて支持を集めている。