#(HASHTAG) NEW YORK! Vol.9 | CULTURE | BARNEYS NEW YORK

年末年始営業時間についてのお知らせ

新宿店:12/21(土)~12/29(日)・1/2(木)~1/4(土)は20:30まで営業。
横浜店:12/26(木)・12/28(土)は20:30まで営業。
銀座店:12/21(土)~12/30(月)・1/2(木)~1/4(土)は20:30まで営業。

*12/31(火)は全店通常営業(11:00~20:00)。
*新年1/1(水・祝)は全店休業。
BARNEYS NEW YORK logo
ホーム / CULTURE / #(HASHTAG) NEW YORK! Vol.9

#(HASHTAG) NEW YORK! Vol.9

VERY BARNEYS!なニューヨーク情報を現地在住の高久純子さんがお伝えいたします。

大ぶりの重ね付けアクセサリーとオーバーサイズの眼鏡がトレードマークの、IRIS APFEL(アイリス・アプフェル)は、90歳代の現役ファッショニスタ。アレキサンダー・ワンやドリス・ヴァン・ノッテンなどのデザイナーからも一目置かれ、ランウェイも歩けば、雑誌のカバーも飾る。その「スーパーぶり」の秘密とは。

圧倒的存在感! 94歳のNYおしゃれアイコン

「RARE BIRD」の異名をとり、おそらく世界最年長の現役ファッションアイコンである、アイリス・アプフェル94歳。修道女のケープから、アフリカの民族アクセサリー、希少なヴィンテージといった、何の脈絡のない異種の(バリューも異なる)ものを、独特のセンスで混在させスタイリッシュに着こなしてしまうアイリス。その枯れることのないおしゃれへの意欲と、「素敵に生きるための金言」に満ちた発言は、ファッション業界のみならず、広く一般にも注目されている。2005年にはメトロポリタン美術館でワードローブが展示され、記録的な動員数を達成。テレビショッピングでは、プロデュースしたアイテムが飛ぶように売れ、テキサス大学の客員講師も務めるなど、90歳代にあるまじきアクティブさ! 昨年には、とうとう、ドキュメンタリー映画『IRIS(邦題: アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー)』が公開され、彼女の存在感は全米規模へと広がっていった。




ニューヨークで生まれ育ったアイリスは、母親がブティックを経営していたこともあり、早い時期におしゃれに目覚め、11歳のころにはすでに蚤の市に出かけ、お気に入りのコレクションをはじめていたという。ニューヨーク大学を卒業した後に、アートスクールに進み、Women's Wear Dailyに職を得て、その半世紀を超えるファッション業界でのキャリアをスタート。結婚した後は、夫とテキスタイル&インテリアコンサルティングの会社をスタートし、ホワイトハウスのインテリアを手掛けるなど成功を収めた。そして、このビジネスのために訪れた諸外国で、アイリスは世界の民族的なものや職人に出会い、独自のファッションセンスを養っていく。
映画の中では、アイリスが今もなお、自分の足でマーケットや蚤の市に分け入り、眼力だけを頼りに、さまざまなアイテムを発掘している姿が描かれている。そして、お宝が詰まったクローゼットの中や、世界の国々の物が混然一体とならぶ圧巻の自宅インテリアもしっかり覗き見することができる。


しかし、何と言っても見どころは、
「おしゃれにルールはない。あっても破るだけ」など
随所で炸裂する、生粋のニューヨーカーであるアイリスならではの含蓄ある、そして切れ味のいいコメントの数々! 

When you not dress like everyone else you don't have to think like everyone else.
「あなたがみんなと違う着こなしをしているとき、あなたはみんなと同じに考える必要はない」

There is no how - to road map to style. It's about self-expression and above all attitude.
「スタイリングにハウトゥを示す地図はない。おしゃれとは自分を表現すること、それ以上に自信ある態度である」

「老人はアクティブにしていないと老いてしまう」と語る通り、日々アクティブなアイリスの傍らには、常に長年連れ添った夫の存在があり、年期の入った夫婦漫才さながらの二人の掛け合いは、緩やかな愛に満ちていて心が和む。2015年夏、101歳を目前にした夫を亡くしてしまったアイリスだが、それを乗り越え、パワフルにおしゃれに前進していく姿が、ますます人々を魅了している。

* * *

映画 『アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー』

2016年3月5日(土)より角川シネマ有楽町他全国ロードショー
配給: KADOKAWA
irisapfel-movie.jp/
© IRIS APFEL FILM, LLC.

高久純子

PROFILE

JUNKO TAKAKU

(absolute te-ma & company)

ファッション雑誌編集者を経て渡米。NYをベースにファッション、ライフスタイルビジネスのコンサルティングを手掛ける。