映画『007』歴代ジェームズ・ボンド6人のフィギュアが1月21日より六本木店・銀座本店に登場します!!

こんばんは。

みなさま、お台場にある体験型アトラクション施設「マダム・タッソー東京」はご存じですか?

本人公認の等身大フィギュアが多数展示してあり、実際触って楽しめるという、エントランスから一気に盛り上がるスポットです。

 

その施設にこのたび、世界的人気を誇る映画『007』の歴代ジェームズ・ボンド6人(ショーン・コネリー、ジョージ・レーゼンビー、ロジャー・ムーア、ティモシー・ダルトン、ピアース・ブロスナン、ダニエル・クレイグ)の等身大フィギアが2月1日(水)から5月14日(日)の期間限定で登場します。

 

なんと!!それに先がけて

 

1月21日(土)~1月25日(水)まで六本木店

1月27日(金)~1月30日(月)は銀座本店にて期間限定で特別に展示されます。

 90e3dc4395505a30ae29ef00e8502f78 映画『007』歴代ジェームズ・ボンド6人のフィギュアが1月21日より六本木店・銀座本店に登場します!!The images shown depict wax figures created and owned by Madame Tussauds.

今回展示する6体のジェームズ・ボンドの等身大フィギュアは、ボンド映画の製作会社であるイーオン・プロダクションズとの協力のもと製作。

 

フィギュアの着用するディナースーツはオリジナル衣装に基づきアカデミー衣装デザイン賞を受賞した衣装デザイナーのリンディ・ヘミングさんによりデザインされました。

展示スペースの背景は『007』シリーズのオープニングシーンでおなじみのインパクトあふれる銃口(ガンバレル)。

それぞれの店舗にあわせたパネルを今回のためだけに特別制作して設置しています。

 

6体のフィギュアは、本人たちと一寸違わない姿を作り上げるために、20人以上の「マダム・タッソー」の彫刻師たちによって、実に4ヶ月もの期間をかけて制作されました。

1体の制作費は日本円にしておよそ2,000万円。

つまり、総額1億2,000万円!!です。

 

等身大フィギュアは、見て、触れて、一緒に写真を撮影して楽しんでいただくことができます。

 

さらに展示期間中、銀座本店・六本木店にて #バーニーズニューヨーク #マダムタッソー東京 の2つのハッシュタグをつけてSNSに投稿いただいた方は、スタッフに投稿画面をご提示いただくと「マダム・タッソー東京」の割引券をお渡しします。

 

歴代のジェームズ・ボンド6人を一度に見ていただける貴重な機会となりますので、ぜひこの機会にお立寄りくださいね。

 

■展示期間■

2017年1月21日(土)~1月25日(水)

place: バーニーズ ニューヨーク六本木店1F

店舗情報はこちらから>>>

 

2017年1月27日(金)~1月30日(月)

place: バーニーズ ニューヨーク銀座本店B1

店舗情報はこちらから>>>

銀座本店での展示初日となる、1月27日(金)18:00~20:30には、ドリンクと音楽をご用意して、入場無料のオープンパーティーを開催します。

金曜の夜を、世界でも貴重なフィギュアとともにお楽しみください。

 

2017年2月1日(水)~5月14日(日)

place: マダム・タッソー東京

営業時間: 平日11:00~20:00 土・日・祝 10:00~20:00

マダム・タッソー東京についてはこちらから>>>

 

■主演俳優紹介■

ショーン・コネリー

セクシーで自信に満ちたショーン・コネリーは、映画で初めて秘密諜報員のジェームズ・ボンドを演じた俳優です。

イーオン・プロダクションズが製作した『007 ドクター・ノオ』(1962年)や『007 ロシアより愛をこめて』(1963年)を含む6つの映画で主演を務めました。

ジョージ・レーゼンビー

『女王陛下の007』でジェームズ・ボンドを演じたオーストラリア出身のジョージ・レーゼンビーは、イギリス諸島出身ではない唯一のボンド俳優です。

ロジャー・ムーア

最も長い期間にわたってボンド役を演じたロジャー・ムーアは、1973年の『007 死ぬのは奴らだ』から1985年の『007美しき獲物たち』までの7作品に主演しました。

また、ユニセフ親善大使として子どもたちのための慈善活動を精力的に行ってきた業績が認められ、2003年にナイトの称号を与えられました。

ティモシー・ダルトン

古典演劇の素養があるティモシー・ダルトンは、『007 リビング・デイライツ』(1987年)と『007 消されたライセンス』(1989年)で、よりシリアスでハードボイルドな、大変魅力的なジェームズ・ボンドを演じました。

ピアース・ブロスナン

機知に富み、人当たりがよくチャーミングなアイルランド生まれのピアース・ブロスナンは、5代目ジェームズ・ボンドを務めました。

『007 ゴールデンアイ』(1995年)、『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』(1997年)、『007 ワールド・イズ・ノット・イナフ』(1999年)、『007 ダイ・アナザー・デイ』(2002年)の4作品でボンドを演じました。

ダニエル・クレイグ

ダニエル・クレイグは、『007 カジノ・ロワイヤル』(2006年)でジェームズ・ボンド役に抜擢されてから最新作の『007 スペクター』(2015年)まで、世界的に有名な秘密諜報員を演じました。

 

展示の様子はまたこのブログでレポートします。どうぞお楽しみに!

Prev

Category top

Next